MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

②作成した逆電力継電器試験用分流器の検証からの改善

からの続き。

キーサイトのDMM電流測定機能内部の抵抗を

カードテスターで測定してみたら

2.2Ωと出ました。

created by Rinker
三和電気計器
¥3,273 (2024/06/22 21:27:15時点 Amazon調べ-詳細)

KEYSIGHTのDMM仕様から、

mA測定のシャント抵抗が1Ωであることがわかりました。

しかし、2.2Ωには足りません。

他社(HIOKI)のDMM仕様も見てみたところ

ヒューズ抵抗が約1.2Ωとありました。

たぶん他社も大差ないと考え

DMMの内部抵抗は

合計約2.2Ωになるんだろうと思いました。

ということで

0.22Ωベースで10:1の場合

分流分の抵抗は

DMM電流測定内部抵抗だけでちょうどいいので

試験器出力につなぐ

シャント抵抗0.22Ωだけの準備があれば

いいことになりますが

とりあえずある物から改善。

100:1では

より抵抗100:1に近い値になるように

22Ωのところに並列220Ω追加で

合成抵抗20Ωとし、

+電流計内部抵抗2.2Ω=2.22Ωに改良,

試験器で1A流して分流側は9.78mA。

これで20mAくらいまで

だいたい0.01mA刻みで使えます。

抵抗10:1で使うときは

20Ωを使わず

分流分は電流計の抵抗だけ通すような

使用方法にします。

試験器で1A流すと

分流側は89.96mAになりました。

これでだいたい200mAくらいまで0.1mA刻みで使えます。

最後に内部が動いてまた断線しないよう

ホットグルーで固めました。

ついでのついでに

逆電力試験専用シャント抵抗も

作っておきます。

へ続く。

created by Rinker
テイシン電機
¥2,980 (2024/06/23 18:12:39時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こちらはよく拝見させていただいておりますが、勉強になる事が多く感謝しております。
    ちょうど似たようなことができないかと考えておりましたので、大変参考になりました。

    今後の記事も楽しみにしております。

    • たけぞうさん>
      コメントありがとうございます。
      やっていることは単純な実験程度のことなので
      はずかしいです。

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次