MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

RX47022にて3Eリレー試験練習

作ったばかりの

3Eリレー模擬盤。

配線チェックを兼ねて、

双興電機製作所

3Eリレー試験装置

E3-301Kで試験してみました。

模擬盤の配線は

間違いないことを

確認しました。

次に

エヌエフ回路設計ブロック

電圧2相電流2相

保護リレー試験器

RX47022での

モーターリレー試験使い勝手を

試してみました。

過負荷要素

(計器校正3φ3Wモード)

電流欠相要素

(電圧300Vアンバランス[300V : V1でも可]、電流62A : I1)

電圧反相要素

(計器校正3φ3Wモード)にて

created by Rinker
三菱鉛筆
¥1,747 (2023/12/03 20:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

同等の試験結果が出たので

現場でも問題なく

使えることを確認しました。

(今回の学び)

・実際の現場では反相設定OFFが

 ほとんどなので

 気にしていませんでしたが、

 omronの形SEは

 反相設定ONでも

 欠相要素は電圧入力単相で

 欠相電流を流せば

 試験できることを確認しました。

・RX47022で電圧反相試験を行う場合、 

 電圧三相同時可変が

 3φ3Wモードで

 なければできず、

 その設定の場合

 電圧間の位相可変はできないので

 3相中2相の線入れ替えで

 対応するしかありません。

・三相不平衡電流試験が必要な場合

 電流2相の

 RX47022では対応不可。

モーターリレーで

一番シェアが多いオムロン製での

考察でしたが、

他社製品の場合だと

出来る出来ないは

違うかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次