MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

電流トリップ補助箱があるDGR-VCB連動試験

毎年お正月時期に

年次点検を行う現場(採石場)での

お手伝い。

昨年受電盤が更新されたので

ピカピカです。

送り出しに

電流引き外しのVCBとOCRがあって、

DGRもついているのですが

地絡方向継電器自体は電圧トリップなんで

MGX-1形電流トリップ補助箱|三菱電機(mitsubishielectric.co.jp)

が付いていました。

こういうのは昔

光商工のCF-15を見かけましたが

久しぶりに感じます。

created by Rinker
ニトムズ(Nitoms)
¥283 (2024/06/16 08:45:26時点 Amazon調べ-詳細)

通常時、

OCRの電流トリップ出力が

VCBトリップコイルへ直結回路になっています。

DGR電源のブレーカーから

DGRのP1-P2に入り、

P1からDGRトリップ接点を経由し

補助箱のP1に入る。

補助箱のP1から

VCB入でONになるパレットスイッチを経由して

補助箱のS1に入っています。

DGRが働くと

補助箱内リアクタ経由で制限された電流が

トリップコイルに流れてVCB動作、

VCB切でパレットスイッチがOFFになり

トリップコイルへ引き外し電流流れっぱなしを

防止する回路になっています。

近くのPASの試験を

双興電機製作所/ADGR-1000HK (soukou.co.jp)

おこなったので

そのまま三菱 MDG-A3V-Rも行ったのですが、

Voが1/10のため自動では試験出来ないので

試験器操作者が悪戦苦闘していました。

操作のコツは下記の関連記事を参照。

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/16 21:56:36時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次