MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

RX47022で三相不足電圧継電器試験

応援の現場で

K2ZC-N 分散型電源対応 系統連系用複合継電器/ (omron.co.jp)

試験をおこないましたが、

今回は持参していった

電圧2相電流2相保護リレー試験器 RX47022 – 電力用試験器 – 保護リレー試験器 – エヌエフ回路設計ブロック (nfcorp.co.jp)

を使用して試験をおこないました。

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/23 16:25:57時点 Amazon調べ-詳細)

三相不足電圧継電器試験での

現場使用は

RX47022を購入してから初めてでした。

現場でブログネタ用の写真を

よく撮り忘れます。

ですので自宅に帰ってから撮りました。

プリセットで入っている試験項目メモリ

6:UV_3PH_50(不足電圧_三相_50Hz)を

呼び出すと、

電圧レンジ 300V:unbalとなり

定常側に

V1-COM:110V V2-COM:110V

V1-V2位相進み60°で

線間電圧演算値110V表示され

50Hz三相110Vが設定されます。

手動で設定するより手っ取り早いです。

接続端子は落書き通り。

これで動作値試験は

定常側で

R-S間はV1振幅、S-T間はV2振幅を直接調整、

T-R間は線間電圧表示を見ながら

V2位相-60°を0°に向かって可変し

動作値、復帰値を見ます。

動作時間測定では

故障側を任意の数値に

変更して試験をおこないます。

以前からある↓

電圧三相保護リレー試験器 RX4718 – 電力用試験器 – 保護リレー試験器 – エヌエフ回路設計ブロック (nfcorp.co.jp)

この機種だと

三相不足電圧継電器試験に

限ってですが

(電圧3要素自由に使えるし

他の機種と同期できるので万能)

線間V演算の設定か

線間電圧をテスタで見るかが必要で

なおかつ

R→S→T切替器を使用しないと

試験効率が悪かったので、

RX47022は

より使いやすいなと感じました。

そして、何やっても

シンプルな操作感と軽さとサイズが手ごろで

快適な試験器だと改めて感心しました。

手頃じゃないのは価格だけです。

とは言っても

これまでのエヌエフ試験器と比べたら

半額くらいで破格です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次