MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

高圧交流負荷開閉器LBS(SCL-KH)の問い合わせ返答

先日、切操作しても開放しない
三菱製LBS(SCL-KH)について
問い合わせしたところ、即日返事がきました。


(質問内容)

お世話になっております。
SCL-KHという型のLBSを点検で
操作することがあったのですが、
その際フック
棒にて切操作をしたところ
接触部は切りにならず、
その後入側に少し動かしたところ
解放されました。
切りにして開放できないというのは
機構としておかしいのではないかと
思うのですが、
現地の取説が残っておらず
確認ができません。
御手数ですが、これが正しいのか否なのか
教えてほしいのと同時に、
取説がありましたらPDFにて
入手したいのでよろしくお願いします。


(三菱電機回答)

SCL-KH形LBSをフック棒で切操作した場合、
正常であれば接触部が切状態になります。
切操作したのに、接触部が切状態にならないのは
機構部などの固渋が考えられますので、
メンテナンス(機構部の注油等)を実施し、
動作確認をしてください。

なお、屋内用高圧交流負荷開閉器は
一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)により、
更新推奨時期は15年となっておりますので、
更新推奨時期を超えた機器に関しては、
更新の検討もお願い致します。
取扱説明書については、
本メールに添付にて送付致します。

~~~~~~~~~~~~~~

更新についてはごもっとも。
資料提供までしていただき、
とても良心的な回答をいただきました。
三菱電機様、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次