MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

高圧絶縁抵抗測定(直流ケーブル漏れ電流試験)と日の出

天候晴、気温-5℃でしたが

夜明け前に

商用施設の年次点検を実施。

いろいろ点検測定を実施し、

最後に高圧絶縁抵抗測定

(直流ケーブル漏れ電流試験)を

行いました。

G方式測定前に

ケーブルシースの絶縁抵抗測定を行い、

50MΩでした。

まず5kVを印加して

上記の状態で良好であることを確認。

続いて10kVを印加。

印加途中で漏れ電流が上昇。

抜け始めたか、とビビり

測定中止。

ふと思い返し

シールドの絶縁抵抗を再測定したところ、

50MΩ→40MΩに下がっていました。

原因はたぶんこれ。

PAS側のケーブルヘッド表面に

写真の通り

日が当たりだして

結露で濡れてしまったのだと

思います。

冬に限らないかもしれませんが、

明け方日が差して

気温が上昇する時間帯は

測定に不向きだなと感じました。

双興ハイボルトテスタ

HVT-11Kを使うときは

ボディを地絡させないようにする

必要があるため、

こんな感じのシリコンシートを

敷いて測定してます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次