MENU
カテゴリー
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

避雷器(アレスタ)の試験

9月末、千葉県に試験業務手伝いに行ったとき、
避雷器の試験をやる機会があり、
試験器操作をやらせてもらいました。

試験器は


音羽電機 アレスタチェッカーAT-6P
直流で放電開始電圧または動作開始電圧を
測定するものそうです。

避雷器にはギャップ付とギャップレスというものがあり、
この日試験したのは明電舎製弁抵抗型避雷器。
(弁抵抗型がギャップ付ということらしい)
6kVk系で使われている定格電圧8.4kV用ギャップ付避雷器は
放電開始電圧DC20kV以上で良、これは交流の波高値として換算して
JEC-203規格でのAC13.9kV以上に相当するらしい。

定格電圧8.4kVのギャップレス避雷器の場合、
避雷器に1mA流した時の電圧が動作開始電圧になるらしく、
DC1mA印加時にDC14.3kV以上で良だそうです。


実は我が家にも双興電機製の
アレスタ試験器AL-84K

というのがある。これは交流での
試験ができるものだが重量が63kgもあって
現場に持っていきたくない代物。
父いわく、
「昔アレスタ試験の依頼があって仕方なく買ったが
1度しか使っていない」とのこと。
もったいないな。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次