MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

太陽電池の絶縁抵抗測定の考え方はいろいろ?

太陽光発電所の年次点検をいずれ実施する準備として
以前調べた太陽電池の絶縁抵抗測定方法に
従い実施するため、
(竣工検査時は施工業者による測定だったので
まだやったことはなし)
必要な短絡用開閉器を電材屋さんに
見積もりをお願いしました。

そして測定方法再確認のため、HIOKIの
サイトを確認したら、

「あれ?P-N間を短絡しない方法に代わってて
短絡する方法は消えている!」

どういうことなのか?
そもそもなんでP-N間を
短絡する必要があったのか。

わたしが所属する東京電気技術者協会で
今年行われた技術研究発表会で
配られた資料から測定方法は、

日本電機工業会技術資料
JEM-TR228
小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイドライン

に準じてとなっているので、ネット経由でPDFを
即購入し確認しました。

○P-N間を解放した状態で行う方法
1、太陽電池電圧が試験電圧に影響を与える。
2、地絡が発生しているアレイを試験する場合、
  他機器損傷の危険がある。
(メガが壊れるということだと思う)

○P-N間を短絡した状態で行う方法
1、短絡による危険。
2、回路を開閉するときの開閉器の
  開閉能力不足による接点部の損傷。
3、接続状態によっては短絡点以外の場所に電圧が
  生じる場合がある。

上記の点から、HIOKIとしては点検者が短絡により
けがをするリスクより測定器が壊れるリスクを
とったのかなと勝手に思う。

ちなみに太陽電池アレイは対地静電容量が大きいため、
絶縁抵抗値が安定するまで時間を要するそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次