MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

キュービクル内の母線種類

気温36℃のなか、新設お客様の
竣工検査を実施しました。

PAS~引込ケーブル~キュービクル一括にて
耐圧試験を行うのですが、
キュービクル内東京電力のVCTがまだ
設置されておらず、
引込ケーブル~キュービクルは
縁が切れた状態のため、仮接続するために
東京電力VCT接続箇所の電線被覆を剥きました。

引込ケーブルはCVTの架橋ポリエチレンが固いのは
覚悟の上なんですが、
母線は通常KIPでゴムだと思っていたら、
これがすごく固い!
KICと書いてあり、帰宅後調べました。

   機器内(盤内)配線用(Kikinai+Indoor)
KIP= EP ゴムP(Ethylene-propylene rubber)
KIC= 架橋ポリエチレンC(Crosslinked-polyethylene)

どちらとも6600V電気機器内で、
最高使用温度がKIPは80℃、KICは90℃ということで
性能はよいようです。

母線にKICはいままでで初めてだったのですが、
CVTの半透明のものより固くて、ナイフじゃ
とても面倒でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次