MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

一文字違いで大違い

2日連続での保護継電器試験にて。

前日に地絡方向継電器の

交換工事があった場所の

試験を実施。

地絡電圧継電器(64)

光商工LVG-2からLVG-7へ、

分岐用の地絡方向継電器(67)

LDG-21AからLDG-71へ

数台更新されてました。

試験のため端子解線して

補助電源を入れましたが

64は動いていないにもかかわらず

67の地絡電圧の検出表示ランプが

点いてしまいました。

去年までは問題なかったはずなのに。

この状態では試験はおろか

運用もできないので

工事ミスなのか何なのか

あれこれ調べてみました。

零相蓄電器は同時に交換されたので

型式組み合わせ問題なし。

 64から67へのVo渡りのM-N端子に

テスターを当てて見たところ、

DC約2Vと出ましたが、

正解がわからないので

いいのか悪いのかはわからない。

M-N端子の数台渡りのハモ端で

1か所解線したら

Voランプが消える箇所がありました。 

 ハモ端戻して

さらに追いかけて

1台の67までたどり着き、

ここのM端子を離線したところ

そのほかの67は正常になりました。

数台更新になったところから

離れたところに同じ64からVoを

取り込んでいる物が

あったのですが、

こちらはLDG-21Aのままで

更新されておりませんでした。 

現場で

LDG-71の取説をネットで引っ張り出して

さらっと読んだ時には、

LDG-71、LVG-7はLDG-21と

組み合わせできます(青ライン)と

書いてあるから平気な気がする、

M-Nの線が距離があるせいか

誘導で電圧が乗ってきてるのかと

想像しましたが

このときは

よくわかりませんでした。

昼休憩中に

LDG-21Aの資料も

ネットで見れたので

読んでみると、

LDG-21AはLDG-11代替機種とありました。

前の資料画像の(赤ライン)箇所で、

LDG-11は組み合わせできませんと

書いてあることがわかり、

互換性の問題だったと結論が出ました。

やっとすっきりして、

工事実施者に報告し

対応していただき

今回は収まったので

よかったです。

1台だけ飛び地にあったことで

更新漏れがあったのもありますが、

“A”の一文字で

互換性が変わるのでは

部分更新だと

よほど熟知している人じゃないと

互換性判断は厳しいのではと感じました。

created by Rinker
¥2,530 (2024/02/22 03:39:25時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次