MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

電線と造営材との距離

保護継電器試験等の

試験業務があり

遠出してきました。

同時作業で

電気工事店による

DS、LBSの交換工事がありました。

工事終了後、なんとなく

高圧コンデンサ盤の上部と

ディスコン負荷側KIPとの距離が

近いような気がして、

そういえば規定はどのくらいかなと

手持ちの電技を読んでみました。

電技解釈第168条

高圧配線の設備

第二項 ニ

電線相互は8cm以上、

電線と造営材との距離は

5cm以上とありました。 

盤上部から5cm以上あるので

問題なし。

とその場では思ったのですが

帰って画像を見直していたら

上部のフレームとの距離が

近すぎだと気がつきました。

来年またこの現場に呼ばれたら

KIPしごいて

距離を修正してあげようかなと

思いました。

created by Rinker
¥1,320 (2024/06/23 17:55:08時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次