MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

負の連鎖、手抜きの連鎖

 契約しております

太陽光発電所の

年次点検を実施してきました。

ここは

工場施設構内に

全量買い取りの太陽光発電所が

ある施設。

なので

1号柱にPASが2台乗っています。

点検中、PASの接地抵抗測定で

150~500Ω位をふらふらと

安定しない数値が出てしまいました。

新設時から管理させていただいてますが

昨年まではA種接地抵抗許容範囲内でした。

地上から望遠鏡で緑線の経路を

追ってみましたが、どうやら

既設の引込ケーブルブラケットのボルトから

分岐している模様。

しかしよくは見えないので昇柱してみました。

左が太陽光発電用のPASにつながる

接地線なのですが

巻き付けてしばってあるだけ。

そして右は既設設備のPASへ至る接地線ですが、

ねじやまに1周巻き付けてあるだけ。

既設の施工方法もひどいですが、

これにならって巻き付けだけで済ませるって

手抜きの連鎖ではないでしょうか。

私が竣工検査のとき、

上へは昇らず

地上からSOGのZ2端子で測定して

良にしただけなので

私にも責任があるのかもしれませんが、

そこまで面倒見なきゃならないんですか・・・

手直し改修したい気持ちは

あるのですが、

既設の設備は他の電気保安法人なので

わたしが触れる範疇ではありません。

設置者に報告して対応を

お願いするように伝えて撤収しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次