MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

誘導形地絡方向継電器の零相電圧容量について

先日、今年東京電気技術者協会に入会した人と
位相特性試験器何買おうかの話をしていたところ、

「普通に年次点検をやるならデジタルの軽いのが便利」
「でも頼まれるところで誘導形の67が付いてる所があって
零相電圧の容量ある試験器じゃないと電圧上がらなくて
困ることがある」

なんて話をしていたので、だったら大体いくつ必要で
どの試験器がいいのかを調べてみた。

(誘導形地絡方向継電器)
三菱 CWG-2B 定格電圧にて 32VA

富士 WJ9(P)-A(0)1 20VA

東芝 IDG5D-BT1 30VA

日立 IGF形C-3B1 定格値にて(定格190V)38VA (定格110V)41VA

日新 IGR-A (定格190V,110V)40VA

明電舎 KIG-CFP 定格値にて(定格190V)13.3VA (定格110V)12.2VA

というわけで、最大41VAないとすべての試験ができない。


現行位相特性試験器だと
(双興)
ADGR-1000HK(保有) 5VA

DGR-1000K 5VA

DGR-1000KD(普段の年次点検に使用)15VA

DGR-3050CK 40VA(25Vレンジは5VA)

DGR-3050CVK 50VA(25Vレンジは5VA)

DGR-3100CVK 50VA(うちの試験業務時はこれ)(25Vレンジは5VA)

(ムサシ)
RDF-2A (25V)0.37VA (250V)3.75VA (500V)7.5VA (1000V)15VA

RDF-5A (25V)8VA (250V)50VA (500V)7.5VA (1000V)18VA

GCR-mini (25V)0.375VA (250V)3.75VA (500V)7.5VA (1000V)15VA

GCR-miniVS (25V)8VA (250V)37.5VA(※1) (1200V)18VA
※1 190V出力時は約50VA

よって、双興ならDGR-3050CVK、DGR-3100CVK。
ムサシならRDF-5A、GCR-miniVS。ついでに昔のRDF-2Vがあればいける。

できれば2台持ちが楽だけど、費用の問題があるから
まずはPASのSOG試験で使いやすい1台を手に入れるべきと思います。

追記

(エヌエフ回路設計ブロック)

RX4717 (250Vレンジ)50VA

RX1418 (250Vレンジ)50VA

RX47022 (300Vレンジ)60VA

RX4744 (300Vレンジ)75VA

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次