MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

間欠漏電の探せ!

契約お客様施設にて、

出てはすぐに止まる間欠漏電が

発生しました。

間欠漏電の探査は 何度も訪問し

時間がかかるのですが、

今回わりかし早期に発見できたので

経緯を書き込みます。

10/12 11時半

お客様より

「事務所の警報盤がたまに鳴って止まる」

と連絡を受けました。

当方の絶縁監視装置を設置しているが

警報はないので、短時間の漏電が

何度か発生していると判断し訪問。

事務所警報盤はキュービクルのバンクごとに

表示があるのでバンクは特定。

キュービクルからの幹線回路4回路に

共立 漏れ電流記録用データロガー

MODEL 5001(ロングライフタイプ)

にて45分ほど様子見、

その間キュービクル内の

漏電火災警報器は1回のみ動作し、

幹線の特定が出来ました。

施設内分電盤へ行き内部確認すると、

1回路漏電遮断器がトリップしており

0.01MΩ絶縁不良でした。

冷凍機内照明回路の電源とあり

これについては冷凍機業者に改修依頼連絡をしました。

しかし、漏電火災警報器が動作したことと

漏電遮断器が動作したことの関連性が確認できず

もしかしたら違うかもしれないので

特定した回路の分岐回路を大まかに

4つに区切って再度漏電ロガー取付して

この日は退去。

10/14 0時

当方設置の絶縁監視装置から

警報メールが届きました。

やはり漏電はほかにあった、

漏電ロガー仕掛けてきて正解だったと

思いつつzzz…

日中対応することにしました。

10/14 8時半

現場へ訪問。

大まかにつけた記録計から

分岐6回路中のどれかというところまで

絞れたので1回路ごとに

記録計のCTを取付。

お客さまに

「また事務所内警報盤が鳴ったら連絡ください」

とお願いし退去。

10/14 11時半

お客様より警報が鳴ったと連絡があり。

ほかのお客様施設へ

点検に行っていたので

午後対応とする。

10/14 16時

漏電記録計の結果、

(電灯)冷凍機電源(FAN)という

回路であると特定。

(記録計の赤ランプが付いているところが

漏電記録した回路。)

記録計のデータをタブPCに移して

発生時間を確認してみたが、

漏電発生の時間に規則性が

なかったのでタイマーだけでは

ないことが分かった。

冷凍機業者に改修依頼ついでに

聞いてみると、

霜取りや内部ファンなどの

それぞれ自動で

運転停止を繰り返すような

回路だと説明を受け納得。

先日に引き続き改修をお願いし

今回の探査は完了しました。

10/15 夕方

冷凍機業者より、冷凍機内の

ヒーターが原因だったので

直したと連絡を受けました。

これで一安心です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次