MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

リアクトル、製造者による違い

先輩の耐圧試験

お手伝いに行ってきました。

引込ケーブルCVT60sq130m,

キュービクル475kVAで

耐圧前静電容量を測定すると

ケーブル87nF、キュービクル16nF

計算上充電電流が

ケーブル283mA、キュービクル52mA

一括で335mAとでました。

試験機材は私の車載標準装備

試験器 双興 OCR-25CVG

耐トラ 双興 T-13K15

リアクトル 双興 L-13K10

を使用したとして250mAまで。

先輩が2キロリアクトルを

用意していたので、

350mAまでなら

1.5キロ耐トラと2キロリアクトルの

組み合わせで足りると踏んで、

ケーブルとキュービクル一括で

耐圧を開始しました。

ところが、思ったより電圧昇圧に対して

充電電流の上りが早く、計算間違えたかなと

一時中断。

よ~く考えてみたら、

あ・・・やっちまった・・・

とあわてて私のリアクトル1kを追加して

試験再開。

充電電流77mA、リアクトル電流270mAで

耐圧は無事かかりました。

私の失敗は、双興製とムサシ製の

表現違いを忘れていたことです。

昔の会社員時代の名残で

1キロ2キロと呼んでましたが、

ムサシのラインナップは

DR-1115MS 128mA(1.5kvar)

DR-1220MH 165mA(2.3kvar)

双興では

L-13K10 100mA

L-13K20 200mA

と表現に違いがあります。

ムサシの2キロ=200mAと

思い込んでしまい

充電電流が足らなかったのです。

次回から双興のものは

100mA,200mAと呼ぶようにし

使用機材のメーカーに

注意したいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次