MENU
カテゴリー
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

手軽に高調波分析できるHIOKIのリーククランプ

後輩が所有する機材の計器校正をおこないました。

HIOKI リーククランプメータ CM4001があり

これは今回

初めて校正作業をする機種だったので

事前に管理値などを調べるため

ACリーククランプメータ | CM4001 | 製品情報 – Hioki

読んでおきました。

その際この機種は

ワイヤレスアダプタZ3210と

スマホと

HIOKIの専用無償アプリ【GENNECT Cross】で

電流における30次までの

高調波レベル/含有率/総合高調波歪み率が

計測できると知りました。

どんな感じか興味があったので

持ち主に実演していただきました。

クランプメータの校正用電流発振器に

電流三相保護リレー試験器 RX4713 – エヌエフ回路設計ブロック (nfcorp.co.jp)

を使用していたので、

高調波設定次数を5次にして

ベース電流1A、第5次50%を出力してみました。

(左)1:が0.980Aに対し5:が0.514Aときっちり50%表示されています。

(中)波形もきれいに歪んでいることを確認しました。

(右)周波数グラフで50Hzと250Hzが高く出ていると分かります。

電源品質アナライザ等と比べると

高調波測定だけするとしたら

とても操作が簡単です。

例えば月次点検でふと

コンデンサの音が気になるなんてときに

CTTから

普段持ち歩いている

リーククランプ一つで

高調波が測れてしまうってことが

強みになると思います。

人のふんどしで相撲を取るような記事になってしまったので

買うしかないですかね。

created by Rinker
HIOKI
¥12,112 (2024/07/13 05:07:27時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次