MENU
カテゴリー
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

リアクトル異常のシーケンスをイメージ

健全な設備での月次点検は

変わり映えがなく

すこし退屈に思うときがあります。

そんな時、

警報回路はどこを経由して繋がっていて、

どこを短絡すれば警報出力と遮断ができるか、

なんてことを考えてみたりします。

created by Rinker
¥1,980 (2024/07/13 07:42:13時点 Amazon調べ-詳細)

リアクトル温度異常の回路です。

ここのキュービクルには

単結と警報回路図面が内扉に貼ってあります。

リアクトル異常の際に開放になるLBS。

SR警報用電源から

線番N2は

LBSトリップコイルと

外部警報出力用補助リレーに

直接接続。

線番R2はリアクトルの

温度センサ接点へ。

電源端子R2は

リアクトルの温度センサa接点を経由し

線番R2→線番L5に変化。

線番L5がLBSの

トリップコイル焼損防止用の

リミットスイッチを経由して

線番L5→線番L6と変化し

トリップコイルに接続。

一方

リアクトルからの

線番L5が

補助リレーに入力され、

温度異常発生時に

補助リレーが働き

リアクトル異常の警報が

端子台4a4bからa接点出力されます。

SRの温度センサ接点を直接つつかなくても

電源ブレーカ線番R2と補助リレーの線番L5を

ヒューズ付きテストリードでメイクすれば

SR1温度異常の警報発報と

LBS開放になります。

たまに

こんなこと考えるのも

仕事の感覚を鈍らせないリハビリっぽくて

いいんじゃないかと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次