MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

地絡方向継電器Io動作値が管理値を外れる原因

昨日の記事に引き続き

毎年お正月時期に

年次点検を行う現場(採石場)での

お手伝い続き。

今年度更新されたばかりの

中継分岐盤内にある

地絡方向継電器を試験。

Io最小動作試験でしたが、

0.1A整定で管理値は±10%なので90~110mA。

しかし、何度やっても

60~70mAくらいで動作してしまいました。

交換後1年経っていないのに

納得できないので調査しました。

created by Rinker
¥3,520 (2024/03/04 19:22:06時点 Amazon調べ-詳細)

まずは三菱MDG-A3V-Tの表示を

Io計測にしてLED表示を見ながら

試験電流を上げていったところ、

表示が点いたり消えたりして数値が

落ち着かない感じでした。

(動画も撮ればよかった)

ZCT周辺から確認しようと見たら、

送り出しケーブルなのに

シールドアースを

ZCTにくぐして戻されていませんでした。

通常その処置がないと

ケーブル地絡の保護ができません。

そもそもこれって・・・と思い

送り出した先にあるサブ変の引込を見たところ、

両端接地になっていました。

分岐盤試験中、

サブ変も別動隊による試験が行われていたり

近くで仮設電源が入っていたりしているので

迷走電流とかあったりしたかな、と疑います。

運用上もよくないので

現場管理者に報告して

送り出し側シールドアースを

外しました。

外した結果、DGRのIo動作値は101mAと

管理値内に入るようになり、

Io計測の表示も

試験電流に追従した表示になりました。

受電中でなくても影響出ることがあるんだと

学びました。

ついでに、ほかのケーブル貫通部ですが

パテ盛りが薄かったようで

抜けていました。

今回パテの準備をだれも持っていなかったので

月次の時にやっておくと

管理者は言っていました。

この現場は

いつも正月明けだからか、

毎回管理者が

おいしいお弁当を用意してくれます。

なかなかないですよね、

現場でウナギが乗っているお弁当なんて。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • マルコさん>
      コメントありがとうございます。

      毎日記事を上げているので
      くだらないことから興味を引くものまで
      ムラはあると思いますが
      これからもよろしくお願いします。

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次