MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

対地静電容量測定が調子悪くて

ケーブル耐圧を受託し試験実施。

試験対象は6kV CVT

150sq×170m、60sq×10m×2条、100sq×20mの計4条。

一括でやってみようと

計算上の充電電流は722mAなので

リアクトル500mA+100mAをつなぎました。

実際の充電電流は720mAとほぼ計算通りでした。

電源はDELTA2使用しましたが

問題なく試験できました。

ひとつ残念なことがありまして、

キーサイトのハンドヘルドDMMで

耐圧前静電容量を測ろうとしたら

数値が定まらず測定できなかったこと。

制御盤メーカーから電食防止のため

シールド両端接地指定をされている

ケーブルが含まれていたからかもしれないが、

やっぱりハンドヘルドDMMは

HIOKIかFLUKEがいいのかなんて・・・

また物欲が沸いてしまいました。

created by Rinker
フルーク(FLUKE)
¥54,611 (2024/05/25 09:26:10時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次