MENU
カテゴリー
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

廃止になったJIS規格票の入手方法

たまに

自身のまたは知り合いが所有する測定器の

計器校正をおこなっていることを書いていますが、

昨日、Facebookにコメントで、

「絶縁抵抗計と接地抵抗計の校正はJIS方式でないと校正に値しない」と

言われました。

ちょっと極端な意見でどうなんだと思う反面、

はたしてJIS方式の校正とはどんなものなのか

知る必要はあるかなと

規格書を読んでみようと考えました。

絶縁抵抗計に関しては

太陽電池発電所の使用前自己確認について調べる過程で

JIS C 1302:2018 絶縁抵抗計を見るため

すでに所有していたので

確認できます。

接地抵抗計に関して調べたところ

JIS C 1304:2002 接地抵抗計だそうですが、

この規格は

「JISの使用頻度が少なく,国家標準としての意義が薄れたため」

という理由ですでに廃止になっているそうです。

製造者(例えばH置電機)の接地抵抗計取説によると

接地抵抗計の適合規格は国際規格EN61557で

JISは廃止になっているが準拠しています、とのこと。

国際規格はたぶん調べても

英文だろうから

理解できる気がしないのでやめておくとして、

廃止されたJIS規格がネットにないかを検索しました。

が、

全然出てきません。

ですので

JISC 日本産業標準調査会へ問い合わせ

日本規格協会 標準化総括チームより

廃止規格の確認方法としましては、ウェブ上ではできない状況です。
規格票の出版・販売を承っております弊会 日本規格協会のライブラリへお越しいただけましたら、
その場での閲覧が可能でございます。お越しいただくことが難しい場合は、規格票購入のご検討を
いただけましたら、幸甚です。
・ライブラリのご案内<https://www.jsa.or.jp/jsa/jsa_lib>
・旧規格、廃止規格の価格や入手方法は弊会出版情報サービスチームへお願いいたします。

このような返答あり。

ライブラリとは?と思いリンクを開いてみたら

文字通り三田にあるビルの書庫のようです。

ここまで行く交通費と時間を考えたら

複写を注文して送ってもらうほうが現実的なので

JSA出版情報サービスチームへ注文について問い合わせ

価格と注文方法を聞いたところ、

旧版JIS C 1304:2002
和文冊子¥2,800.-(税抜) 送付手数料(一律 550 円、消費税込)
納期-4~5営業日

ということで

即注文して入手しました。

少しでも世の中の標準に沿った方法を

会得出来たら間違いないと

思います。

ただし、こだわりすぎて

手間やコストが増えることは望まないので

現場での測定で使用するにあたり

どこまで必要かの

バランスを最優先とします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次