MENU
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

太陽電池アレイ絶縁抵抗測定用短絡開閉器の作成

測定用の開閉器を暇ができたらと
用意しようと前々から思っていて
ようやく着手。

材料は

富士電機(Schneider Electricシュナイザーエレクトリック)
ミニチュアサーキットブレーカMulti9
C60H-DC (2極 定格使用電圧500V 定格電流10A)
手配番号 MGN61528

電材屋に10Aのほか20Aのほうが余裕で
安心かなと思い両方見積もり取ってみたら、
10Aは2~3日で入るが20Aは受注品で1.5か月
かかってしまうと言われた。
用途としてアレイ用につかうのに10A弱が標準なんだなと
思った。

ほかに電線にKIP3.5sq、みのむしクリップ
以上。

短絡なので1極でいいのだが、1極のものは定格電圧が250Vと
書いてあり、太陽電池アレイって300強~500弱が
多いと思い2極をシリーズ接続で使用。

使い勝手を考え裏にはマグネットを強力両面テープで
貼り付けてみました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次