MENU
カテゴリー
つくばの"すーさん"
電気管理技術者
つくば電気管理事務所です。
茨城県つくば市を拠点に
自家用電気工作物(高圧電気需要家)の
外部委託電気保安管理業務
および各種測定等試験業務を
おこなっております。

このブログでは
電気管理技術者(電気主任技術者)として
自家用電気工作物の
実務に関することや
各種業務で経験したことを
随時掲載しています。
ブログランキング系
ブログランキング・にほんブログ村へ
電気・電気工事ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

DAIICHI DRPR-72 逆電力リレー試験

同じ地区の先輩からの依頼で、

自家消費型太陽光発電所の

地絡過電圧継電器(64)

逆電力継電器(67P)の

竣工試験お手伝いに行きました。

地絡過電圧継電器は

光商工 LVG-9E6

(メーカーサイトに記載なし、

写真撮り忘れましたが

同社の地絡継電器LEG-107と同じボディ、

本体に”東電”とシールが貼られていました。

中身は普通のOVGRでした)

逆電力継電器は

ディジタル逆電力リレー DRPR-72 | 株式会社第一エレクトロニクス (daiichi-ele.co.jp)

で初めて扱います。

取説が上記サイトにあったのでダウンロードして

持参して見ながら操作及び試験をおこないました。

試験器は先輩所有の

ムサシインテック GCR-mini (musashi-in.co.jp)

電流mAの小数点も見たかったので

DMMを間に入れて

だいたいの動作値を読みました。

(分流器も用意していったのですが

恥ずかしい理由で使用できず)

取説の試験方法に基づき結線及び試験実施。

[接点]

上記端子で青と白の線が

刺さっているところですが

中継端子なく

パワコン直結だそうなので

抜いて適当な電線ぶっ刺して

試験用トリップを繋ぎました。

[電圧]

DS負荷側にあるVT2次から

ガラス管ヒューズを経由して

VTTに来ているので

ガラス管ヒューズを抜いて

P1-P2へ単相110V印加。

[電流]

CT配線にかましてある

電流センサに

試験用の黄色いIV線を施工会社で

入れてくれていたのでそれを利用。

位相特性試験器を使用したので

(T-Eに対してKt-Lt逆相の試験器)

上記の結線で位相を0°で試験。

定格電流に対して整定は0.4%、

CT二次5Aの0.4%=動作電流20mA、

単相試験では整定値の√3倍の値に

なるとあるので34.6mA。

管理値<1%は整定値±25%とのことなので

25.95mA~43.25mA、

実際の動作値は36.1mAで良でした

(26~43mAの範囲として見たら

小数点以下は見なくてもいいのかもしれません。)

最小動作試験で動作を確認後、

表示はRESETボタン長押しで復帰したのですが

接点がメイクしっぱなしになり

リセット効かず困ってしまいました。

(赤丸のAL1が接点出力中の表示)

取説を読み直し何が原因か漁っているうちに

時間が経って自然に復帰しました。

時間が経ってから復帰したということで

原因判明、

このリレーには

「逆電力復帰時間」の整定があり

復帰待機300sに

なっているのが原因でした。

最小2sにして再度試験をおこなったら

すぐ復帰できました。

リレーの電源を入切すれば

時間を待たず復帰できることも分かったので、

このことを熟知したうえでなら

都度電源を切って試験したほうが

試験のたびに整定変更せず済むので

手っ取り早いなと

思いました。

新しいリレーに触れ

さまざまな発見があり勉強になりました。

ありがたい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 文書, スプレッドシート, テキスト をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次